フランス旅行記

フォンテーヌブロー城

フォンテーヌブロー城

フランスといえば、古城も有名だと思います。

 

でも、初日にモン・サン・ミッシェルという結構遠い地まで行ってしまったので、
時間的にも予算的にも、遠出するのは難しい!
でも古城にも行きたい!

 

というわけで、一番近場のフォンテーヌブロー城へ行くことに♪

 

ちょっと距離はあるんだけれど、
ロワール地方とかまで足を伸ばすよりは全然、近い!
電車とバスを乗り継いで、目的地まで向かいます。

 

着いたところは、案外街の中…。
勝手な想像ですが、古城といえばうっそうとした森に囲まれて
ひっそりとたたずんでいるイメージだったので…ちょっと予想外。

 

フランス
フランス

 

でも、横に長く伸びるフォンテーヌブローの景観は、圧巻の一言!

 

正面が、馬の蹄の形をしているそうですが…なるほど、確かに!

 

フォンテーヌブロー城は、建物はもちろん素晴らしいのですが、
正面玄関前に広がる庭もなかなかの見所です!

 

こちら、フォンテーヌブロー城正面から道路側を見た風景。

 

フランス

 

上品でいて、かつ繊細な印象の庭だと思いませんか。
やっぱり、石畳と芝生ってすごく相性がいいですね。
日本では見かけない光景だけに、余計美しく見えます。

 

 

結構有名なお城のはずなんですが、
平日の昼間とあってか、人は案外まばらでした。

 

でもその分、ゆったり静かに城内を見学できてラッキーです。
フォンテーヌブロー城はベルサイユとは違って、
もっと上品で落ち着いた感じがしました。

 

フランス

 

いや、もちろんベルサイユ宮殿も素敵なんですが!
向こうが豪華絢爛なのに対して、こちらはとても上品なお城でした。

 

フォンテーヌブロー城の内部をゆっくり、静かに見学した後は、
やっぱりこちらもベルサイユ宮殿と同様、裏の庭園へとコースを誘導されます。

 

フランスのお金持ちの方々は、
お城や宮殿と一緒に広大な庭をもつことがステータスだったんでしょうか?

 

フランス

 

フォンテーヌブロー城だって、庭に関しては負けておりません。
幾何学模様のような、直線を使って形作られた庭は、
綺麗に丁寧に手入れされていました。

 

フランス

 

ただ、やっぱり季節が真冬なので
木々はすっかり葉を落としてしまっているし、
芝生の色もちょっとくすんでいます。

 

春になったら鮮やかな緑があふれる庭園なんだろうなーって、
想像だけして帰ってきました。

 

ま、冬だからこれだけ人がいなくて、
ほぼ貸しきり状態を満喫できたのかもしれないですけど。

ホーム RSS購読 サイトマップ